ぽっぽ屋備忘録

にわかな鉄道好きによる日々の撮影の備忘録

Report No.93 縁の下の力持ち

レールは車輪が上を走るごとにその荷重などから変形、疲労、損傷、磨耗していく。さらに鋼を材料にしているので長い間使われると腐食もするし、直流電化の鉄道であれば電食もする。故に安全運行のためにはレールの定期的な交換が不可欠である。

 急曲線の多い鉄道路線では特に磨耗はひどくなる。鉄道車輪の多くは車のようなディファレンシャルギアを持たないので曲線を通過するときには曲線の内側と外側の距離の違いは車輪とレールが擦れることで吸収することになる。フランジ音と呼ばれたりもする多くの人が不快と感じるあのきしみ音はその産物である。そして音と同時にレールと車輪は磨耗していっている。
通常、レールの交換寿命は10年以上のケースが多いが、急曲線の連続する路線でかつ列車本数が多い場合、数年ほどで交換を迎える場合もある。紀勢本線JR西日本区間はその最たる例で、曲線が多く、海岸沿いを走るため潮風から腐食も著しく、線路に大きな横力を与える振り子式車両が走っているため磨耗が著しい。このため紀勢本線は比較的頻繁にロングレール輸送が行われ、輸送は宮原に所属するDD51重連によって牽引される。
 5月末にもなると日の出が十分早くなり、早朝に向日町に帰ってくるロングレール輸送の返却が山崎界隈で撮れるようになる。晴天の5/18の朝、紀勢工臨の返却が走るとの報を受けて友人たちと朝の山崎界隈へ繰り出した。やってきたのは山崎〜長岡京の調子踏切。先客の方々に挨拶しつつ話を伺っているとどうやらその前の週に運転された同じダイヤの工臨ではまんまと下り貨物に被られたとのことだった。一抹の不安を覚えつつ待つこと十数分。

f:id:limited_exp:20170529181947j:plain

DDがヘッドライトを輝かせてやってきた・・・のだがよく見るとその横を207系普通電車が並走している。さらに対抗からも207系普通電車。これはまんまとやられてしまうのではないかと思った。だが、なんとか両方の電車はすれ違い構図から抜けてくれた。が、ここで、あと少しで切り位置というところで下り貨物が接近してきた。まずい、まずい、はやく、はやく、そんなどうしようもないことを思い高鳴る鼓動。貨物に被ろうかというギリギリで縁の下の力持ちがフレームを通過していった。

 

Report No.92 F

数年前まで、といってももう6年も前になるのだが、JR貨物・岡山機関区にEF65の配置があった。今は1000番台のみになってしまったが当時はまだ0番台、いわゆる一般型が在籍していた。当時は茶罐の愛称で親しまれた57号機や原色機87、100、103、116号機、貨物3色更新機など魅力的な機関車が多かった。切り抜きナンバー菱型パンタグラフの1038号機やJR西日本からの移籍組、カラシ貫通扉に菱型パンタグラフの1032号機など1000番台にも魅力的な罐は多かったのだが、1000番台と違って貫通扉がなく鼻筋のある0番台の顔は愛嬌があって個人的には1000番台よりこちらのほうが好きだった。

 このころは、新鶴見区のEF65と運用が分けられており岡山機関区所属機は西は幡生から東は稲沢まで運用されていた。日鐵チキや車輪輸送などを行う8865/8866レや朝の東海道山陽本線を上る72レなど魅力的な運用が多くあり、何かのついでにしばしば撮影していた。

 年の瀬も迫ってきた2010年11月6日、この日はキハ181系はまかぜ”の最終日とあって始発電車で山陽本線、須磨~塩屋に出向いていた。寒い冬の朝、すでに撮影地には多くの人が出向いており、なんとか友人と場所を確保してはまかぜを待った。そんな中まずEF65-1119牽引の72レが登ってきたのだが、このときは完全に失念しておりまともに撮れなかった。

f:id:limited_exp:20170517021319j:plain

 するとしばらくしてまたもやEF65牽引の貨物がやってきた。やってきたのは0番台、EF65-114牽引の9072レだった。EF65-114は3色更新機で、前年に吹田で菱型パンタグラフを破損し、下枠公差パンタグラフに交換された機関車であった。少ない3色更新機とあって個人的にはかなり好きな機関車だった。牽いてきたのが配給目的で運転されていたフレームライナー状態の9072レでなければもっとよかったのだが・・・。

Report No.91 つばめ

  1992年夏ダイヤ改正でかつての東海道山陽本線名門優等列車「つばめ」がJR九州の特急として復活した。この「つばめ」は鹿児島本線の特急「有明」のうち西鹿児島(現在の鹿児島中央)発着のものを改称したものだった。かつての名門特急ということもあって、JR九州は改称に合わせて、JR各社に問い合わせをし承諾を取り付けたほどだ。この「つばめ」復活では、その名前に恥じない車両、787系が導入された。今や一躍時の人となった水戸岡鋭治率いるドーンデザイン研究所で初めて本格的にデザインされた特急車両である。エッジの効いたロボットのような近未来的フロントフェイスにガンメタリックの車体、車内は航空機のような荷物入れに高級感のあるシックな車内、さらにはビュッフェ車とかなり力の入った車両だ。フロントフェイスはどこかフランスTGVを彷彿とさせる日本の車両にはあまりないデザインだ。

 「つばめ」として登場した後は「有明」、「かもめ」と運用を広げていき、九州新幹線の開業で「つばめ」としての役目を終えた現在も「有明」、「かもめ」、「かいおう」、「にちりん」、「ひゅうが」、「きらめき」、「みどり」、「きりしま」と幅広く運用されおり、編成も4両から12両まで様々な両数で運転されている。中でも「かもめ」運用は基本編成6両または7両で繁忙期最大8両に増結される花形運用である。

 ゴールデンウイークが始まろうかという去る4月末、あわよくば増結8両を狙うため一路28日夜、最終の博多行のぞみに飛び乗って九州へ赴いた。博多駅で友人と落ち合ってまずは朝の「かもめ」送り込みを兼ねた「有明2号」を撮影しに鹿児島本線 渡瀬~南瀬高へ。ここでは露払いに415系8両を撮影(Report No.89 白電 - ぽっぽ屋備忘録)したのち、本番の787系有明2号のおでましとなった。

f:id:limited_exp:20170430021856j:plain

 415系のときと比べると太陽が少し高くなり光線状況もよくなった中、ガンメタリックの車体に朝日を反射させて787系がやってきた。絶妙な角度からの光線がエッジと緩やかな曲面を描く前面を浮かび上がらせた。増結8両ではないのが残念だがそれでも7両でかっ飛ばしていく姿は魅力的だった。

 この後は長崎本線沿いにコマを進め、九州を代表する撮影地と言っても過言ではないだろう、長崎本線 肥前大浦~多良の有明海バックの撮影地へ。

f:id:limited_exp:20170501035330j:plain

 春霞であいにく対岸は見えなかったがそれでも九州きっての撮影地で増結8両787系を撮れるとあって友人と共に士気は高かった。初夏のような陽気の中、待つこと15分。狙いの8両がやってきた。先頭車のエッジがきらりと光っているのがなんともカッコイイ。側面のつばめをあしらったエンブレムや元ビュッフェ車の中間車もまた歴史を感じさせる。787系もすでに登場から25年。兄貴分となる783系のリニューアルが始まったこともあり、そのうち何かしらまた動きがあるかもしれない。今の姿を記録するのは早めのほうがいいのかもしれない。

Report No.90 オイラン列車

 最近だとオイランと言われてもなかなかオイランが何なのかわからないという人が多いのではないだろうか。漢字で書くと花魁となりこれまた難読だ。花魁とはかつて存在した吉原遊郭の遊女で高位の者を指す言葉だった。つまるところ、早い話が現代でいう風俗街の高級娼婦、キャバレー嬢と言ったところか。花魁は髪を飾るのに大きな目立つかんざしをいくつもしたり派手な着物で着飾ったりしていたそうだ。

 さてさて、ではオイラン列車とはなんぞや、という話なのだが、花魁専用列車という意味ではない。あくまでその特殊な機能からそう呼ばれているだけである。オイラン列車の正体、それは国鉄時代に簡易食堂車からの改造で誕生した建築限界測定車、オヤ31である。鉄道を安全に運行する上で、車両が架線柱や標識、トンネルなど線路沿いの構造物、建築物に接触することがあってはいけない。路線が新たに開業する際や線路移設工事、電化、災害復旧などが行われた際に干渉しないか安全性を確認するための車両がオヤ31である。検測時は車両から可動式の矢羽根がいくつも突き出してくる。この矢羽根にモノが当たればアウト、当たらなければセーフという具合に検測していく。その矢羽根を突き出した姿がかんざしをさした花魁のようだから、という理由でオイラン列車と呼ばれるようになったのだ。

 現在、JR線上に残っているオヤ31はJR西日本に所属するオヤ31-31とJR北海道に所属するオヤ31-32のみである。そして実質現役として残っているのはオヤ31-31のみ。それも近年では全般検査など実施される際に回送されるのみで実際の検測走行はしばらく行われていない。それでも、いつでも検測走行できるようにと車齢70年近くにもなって維持されている。

 そんなオヤ31-31だが、2015年の網干総合車両所一般公開で、唯一の現役旧型客車展望車マイテ49-2と共に一般展示されることになった。オヤ31、マイテ49ともに所属地の宮原から網干までDD51牽引で日中回送される、との情報を得て大阪方面へ急行。あいにくの曇り空ではあったが、それ以上に久々のオヤ31の本線走行を被りをなるべく気にせず撮れるところというのを意識した結果、加島陸橋で撮影することにした。陸橋に着くとちょうど知り合いがおり、横を譲ってもらって設営。道路橋に併設された歩道なのでトラックなど大型車が通るたびに揺れること揺れること。低い側壁に少し恐怖心を覚えながら通過を待った。

f:id:limited_exp:20170510224720j:plain

 30分ほど待ったあと、DD51-1192に引き連れられてマイテ49-2、オヤ31-31の順に連結された回送列車がやってきた。検測車と一等車が併結されているというのもまた妙な組み合わせではあるがこれまた次いつあるともわからない貴重な組み合わせでもある。またいつか、次はぜひ検測時に撮影してみたいものだ。

Report No.89 白電

 直流と交流両方の電源区間をもつ常磐線山陽本線鹿児島本線での運用を目的として唯一の交直流両用近郊型電車として開発されたのが415系列である。登場時1960年から1961年製造分までの間こそあずき色の地にクリーム帯を巻いた交流電車標準塗装、いわゆる赤電塗装であったが、その後は白地に青帯を巻いた塗装にとって代わり、”白電”として親しまれるようになった。かつては常磐線で15両などの長大編成を拝めたが、常磐線から引退し早10年、今は九州北部で細々と運用されるのがほとんどになってしまった。811系や813系、817系などの後継車の導入に伴い、九州地区の415系運用もこの数年で大幅に削減されており、近い将来彼らもまた記録の中の存在になるのだろう。

 現在の最長編成運用はステンレス車1500番台が入ることが多い門司港発南福岡行の3223M、12両編成。その次は荒尾発博多行快速1322Mの8両、そしてその少しあとの荒尾発福間行2330Mの8両である。1322Mおよび2330Mは、白電の4両+4両の8両で早朝の鹿児島本線を上る運用なので、白電統一の編成を狙うならうってつけの運用である。ただし、2330Mは平日のみの運行である。

去る2017/4/29、 JR九州787系が撮りたくなったこともあって九州へ出向いたので、朝の787系有明2号を撮るついでにと1322Mも狙ってみることにした。最終の新幹線で博多に入り、友人と落ち合って鹿児島本線は渡瀬〜南瀬高のストレートへ赴いた。

f:id:limited_exp:20170503165902j:plain

 晴れ予報だったはずなのだが、あいにくの春霞で太陽は見えるが光線はトロ火、まぁこんな日もあるさと友人と慰め合いつつ通過を待った。

 そしてしばらく待つと柔い朝日の中白電8両は心地よく駆けてきた。常磐線のころとは少し迫力が落ちるが、統一された編成美は全盛期を彷彿とさせた。願わくば次は常磐線からの移籍車先頭で撮りたいトコロだ。

Report No.88 寝台列車

 昨今はJR九州の「ななつ星」に代表されるような所謂「豪華寝台列車」と呼ばれるようなものがJR西日本JR東日本から発表され新たな寝台列車時代を迎えようとしている。かつての寝台列車といえば地方と都市部を結ぶ広域大量輸送手段だったのだが、高速バスや飛行機、新幹線の発達とともに衰退していった。もちろん、理由はそれだけではなく、料金体系や速達性などの課題もあった。例えば、東京~大阪間で運転していた寝台急行「銀河」は、下りの場合、東京23:00発、大阪7:18着で東京~大阪間で全区間乗車すると一番安いB寝台利用でも運賃と寝台料金を合わせて合計16070円であった。対して、現在の夜行バスの場合、東京を0時前に出発し銀河とほぼ同時刻に大阪着で1万円以下のものがほとんどだ。

 もちろん寝台列車であれば高速バスと違って寝台で横になって寝ることができるが、銀河で提供されていたのは国鉄時代に設計された寝台客車であり、横幅こそ改善されたものの寝台の縦幅は戦前から大差ない190㎝強ほどだった。日本人の平均身長が戦後格段に伸びていることを考えれば、寝台は相対的に圧迫感を覚えることになるわけで、新幹線などの速達手段などと比べると値段に見合ったサービスとは受け取られ難く、サービスの劣化として受け取られてしまったという一面もあるのだろう。料金体系も、航空券のように早期予約割引などの採用があればまた状況が変わっていたかもしれない。更にいえば、インターネットの普及に対して鉄道という業界が遅れがちだったというのもあるのだろう。今や航空券や高速バスはインターネットで気軽に予約できクレジットカードのみならずコンビニでも支払いができる時代だが、JRのほどんどの鉄道の予約サービスそこまでユーザーフレンドリーではない。

 車両維持費がバスなどに比べて格段に高いのは事実であったし、それに見合う利益が出ていたかといわれると多くの列車でそうではなかった。ほとんどの寝台列車が機関車牽引という終着駅や始発駅での機回しなどダイヤ上の制約の多い中、サービスを向上させながら利益率を上げるというのはなかなかにむつかしい話だった。しかし車両を更新するほど利益がでるわけでもないので廃止という道をたどらざるを得なかった。欧米の鉄道のように機関車牽引であっても制御客車を導入することでダイヤ上の制約を軽減したり、量産型汎用客車をカスタマイズするなどの手法が日本では取られなかった、または取れなかったことも原因のひとつなのだろう。

 今やブルートレインと呼ばれ夜を駆け抜け、日本を支えた列車たちをもう見ることはできないわけだが、トラックやバス運転手の人員不足が叫ばれる昨今、鉄道というシステム全体の改革が求められているのかもしれない。f:id:limited_exp:20170426230517j:plain

 写真は寝台特急日本海」が廃止される直前に撮ったものである。ヘッドマークとテールマークを掲げ、機関車に牽引される青い列車ほど旅情を掻き立ててくれるものは他にあるのだろうか。今の世代の子供たちがこれらを見ることができないのはいささか可哀想な感じもする。

Report No.87 赤鬼

 愛知機関区に所属するDD51の多くはスノープロウの代わりにATS保護板を装着している。元々スノープロウ装着機だったとしても現在は外してしまっているものがほとんどだ。あまり雪など降らない温暖な中京圏の運用しかないため、必要になる場面が稀だからだ。ただ、スノープロウ装着でないと少し間抜けな顔に見えてしまうのが残念なところ。現在スノープロウを装着している機関車はDD51-857、1801、1803、1804の4両。原色機でスノープロウを装着している機関車がいないのがこれまた残念なところではあるがもはや貨物を牽く風景をみられるのは愛知機関区のみ。贅沢は言えぬ時代ということなのだろう。

 そんなスノープロウ装着機たちだが、昨年末、ネットでにわかに話題になったことがあった。なんと、スノープロウの先端が白に近いグレーで再塗装されたのだ。国鉄時代やJR西日本後藤車両所所属のDD51にはスノープロウ先端に白い色差しが施されているのだが、これまで愛知機関区の機関車にはされていなかった。白線が少し塗られているだけでスノープロウの存在感は各段に上がる。情報を聞いてから、何としてでも撮りたいと思い、晴れと運用が重なることを願った。

 年末、朝の石油貨物5263レを撮った後、セメント貨物を狙おうと行った海蔵川。運用を見てみると、ちょうど噂のスノープロウ装着1801号機がセメント運用に入っていた。雲が散見されたが、太陽方向は快晴。朝の絶好の光線でセメント貨物を待ちうけた。

f:id:limited_exp:20170120001803j:plain

 エンジンをふかして、エギゾーストを轟かせながら1801号機が海蔵川の築堤を上ってきた。赤い機関車に連なる黒い貨車たち。青空に映える組み合わせで存在感を放つスノープロウ。この日はこの後気分上々で三岐鉄道北勢線で撮影し帰宅した。

こんな風景もあと数年後にはなくなってしまうのかもしれないと思うと残念でならないが、それまではしばし彼らの活躍を追っていきたい。