読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっぽ屋備忘録

にわかな鉄道好きによる日々の撮影の備忘録

Report No.81 Ready

 駅と言うと、多くの人が想像するのはホームがあり旅客が乗降する場所だろう。だが、実際には、駅は大きく分けて2種類、旅客駅、貨物駅の2つがある。旅客駅は読んで字のごとく旅客が乗降するための駅。そして貨物駅は貨物の荷扱いを行う駅である。貨物駅はその性質上、旅客の乗降は行われないので一般の人からすると幻の駅と言ってもいいだろう。

 関西本線塩浜駅はそんな貨物駅の一つである。近鉄塩浜駅のすぐ真横に位置するJR貨物の塩浜駅は、信州方面への石油輸送を支える重要な駅である。塩浜駅からは昭和四日市石油への専用線が伸びており、毎日のように精製されたガソリンが信州へと発送されている。

 さて、塩浜駅は構内を公道が横切っており、夕方に発送される便をバルブすることができる。2017年1月5日、朝から四日市周辺で撮影していた。この日、夜はやはり75レの折り返しとなる6286レを塩浜でバルブしてシメることにした。塩浜についてみるとちょうど入れ替えがおわり6286レが発車を待っている状態だった。

f:id:limited_exp:20170120002951j:plain

 牽引は赤鼻のDD51-825を先頭に三分割ラジエーターのDD51-1028との重連。この間まであまり巡り合わせ良くなかった825号機だが最近どうやら巡り合わせがよくなってきたようだ。念願だった塩浜バルブも撮影でき満足な一日であった。