読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっぽ屋備忘録

にわかな鉄道好きによる日々の撮影の備忘録

Report No.86 潮風

 山陰本線に「出雲」の名前が帰ってくる、そんな胸踊る発表がされたのは2017年の始めのころであっただろうか。14系サロンカーなにわ5両を使用してDD51が牽引し、大阪〜米子を往復の運行で、往路はだいせん、復路は出雲のヘッドマークを掲げて走るという大盤振る舞いな企画であった。さて、前回(

Report No.82 11年前 - ぽっぽ屋備忘録

)米子付近での撮影について書いたので今回はその先、東浜での撮影について記したいと思う。

 松崎〜泊で撮影後、大急ぎで撤収。高速とバイパスをひた走り、サロンカーを追い抜きやってきたのは東浜駅日本海を眼下に望むいわゆる東浜俯瞰。この俯瞰、高規格道路のすぐ真横に位置しておりとてもアクセスはいいのだが、道から先は急斜面を5分ほど登らなければならない。現地に着いて山を仰ぐと、すでに大勢のギャラリーが集っていた。三脚とフィルムカメラとデジタル一眼を担いで汗をだらだらとかきながら斜面を登って最初のポイントへ行ってみたのだが構図の定員的に少し厳しいと判断して恐る恐る下山。もう一つの山のほうへ上ってみると、なるほど、ここなら撮れそうだということで設営。途中、偶然大阪から来た知り合いにも合うことができしばし談笑という名の情報交換をした。時刻を見てみると思っていたよりは通過まで時間があり、悠々とセッティングすることができた。

f:id:limited_exp:20170406034419j:plain

 隣に入れていただいた方と少し話しながら待っていると比較的ゆっくりとした速度でDD51がサロンカーなにわを引き連れてやってきた。実はこの日の予報は曇りだったのだが、晴れてくれて何よりだった。青くそして少し春霞がかかった日本海というのもある意味オツなものではなかろうか。