読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽっぽ屋備忘録

にわかな鉄道好きによる日々の撮影の備忘録

Report No.72 Express

JR西日本 DD51 客車列車

 今や定期列車から消えてしまった急行列車であるが、かつては関西圏でも多くの急行列車が運行されていた。その一つが、急行「だいせん」であった。2004年に廃止された急行「だいせん」は、末期こそキハ65による運転であったが、1999年10月までは昼行はキハ58などが担当し、夜行はDD51が12系、14系、20系などを牽引する客車急行列車であった。客車列車として設定されていた方は、大阪~出雲市東海道、福知山、山陰経由で結び、時たまDD51の後藤車両所への入出場回送を兼ねて重連牽引、はたまた3重連となったり”ネタ”に富んだ列車であったそうだ。

 「だいせん」なき今、東海道本線DD51牽引の客車列車が走行することは、ごくまれになってしまった。そんな中、2016年はディーゼル機関車機関士養成のためにDD51と12系5両を使用した通称「網干訓練」が半ば定期のごとく数多く設定されており、年内を通じ楽しめた1年であった。

 年の瀬の12/28、網干訓練の運転があるということで山陽本線 垂水~舞子の撮影地へ。実は前日も設定があったらしいのだが、人身事故の影響で設定取り消しとなってしまったらしい。この日ばかりは・・・・と思い、意気揚々と2時間以上前に撮影地に着くとすでに知り合いがおり場所を少し融通していただいて設営。

f:id:limited_exp:20161228161041j:plain

 時折晴れ間は除いていたものの、途中から雲行きが怪しくなり通過予想時刻直前から太陽は薄雲の中へ・・・。直前の上り普通電車が行ったあと、しばしの間をおいてDD51-1192に牽引された12系客車がやってきた。重く低いディーゼルエンジン音、軽やかな客車のジョイント音。これほど旅情を掻き立ててくれるものもないだろう・・・。